『減塩モニタ』は1日の塩分摂取量を簡単に測定できる機器です。 高血圧や腎機能に不安がある方、減塩食に関心をお持ちの方など塩分コントロールにお悩みのみなさまに減塩モニタをおすすめします。

ご利用者の声(全文)

ご利用者さまの声(全文)

これまでに送られてきた『減塩モニタ』ご利用者の声をご紹介します。

神奈川県 Iさん 男性

2ヶ月毎の定期検査が終わりました。
今回は血圧133-68 クレアチニン値0.86 尿蛋白0.10g 食塩摂取量9.1gいつもより多く、かろうじて10g以下で合格した。
私は若い頃から会社の健康診断では尿検査でいつもプラス、尿に蛋白が出ておりました。総合病院で精密検査を受けたところ、かなり腎臓が悪くなっておりいずれ透析になります と指摘されました。その時は本当にビックリしました。

先生から血圧を下げるように特に塩分摂取を控えるように指導されました。目標は1日8g その当時の毎月の尿検査では、塩分を12~13g摂取しておりました。皆さんと同じように食物成分表を参照して塩分の少ない食物を探し、ラーメンの汁を飲まないとか、家内には塩分の少ない食事を調理してもらうように頼んでおりました。たまに尿検査では10gになりますが、翌月には又元に戻ってしまうという事の繰り返しでした。効果的な方法も見つからず、家内とは料理のことで気まずい雰囲気になっておりました。

そのころ減塩モニタを知り、試しに購入しました。毎日の食事内容をメモしておき、翌朝の数値と比較しますと大まかな塩分摂取量が分るようになってきました。5~6ヶ月もしますと1日8gをクリアー出来、あれほど苦しんだ食事療法が嘘のようになりました。尿の蛋白も下がり始め、同時に血圧も下がり始めました。塩分の少ない食事をしておりますと薄味にも慣れ、食材本来の美味しさが分るようになりました。又家内も薄味に慣れ喜んでおります。

減塩モニタのおかげで血圧も下がり、現在は上が135、下が65と安定しており先生からも指摘されなくなりました。夏場は血圧が下がり冬場は血圧が上がる、ことも記録をつけておりますとよく分ります。減塩モニタのおかげで蛋白尿ともお別れし、今後も血圧に注意して健康な老後を過ごしたいと考えております。『減塩モニタ』は私の一生の友です。


所定のカップに尿を取り、センサーを差してボタンを押すだけで、1日の塩分摂取量を計測できます。

リンク用バナー

『減塩モニタ』詳しくはここをクリック!

a:2090 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional