『減塩モニタ』は1日の塩分摂取量を簡単に測定できる機器です。 高血圧や腎機能に不安がある方、減塩食に関心をお持ちの方など塩分コントロールにお悩みのみなさまに減塩モニタをおすすめします。

2014-11-18:尿中の尿素やマグネシウムによる数値への影響

2014-11-18:尿中の尿素やマグネシウムによる数値への影響

本HPに尿内の塩分構成物質としてナトリウム70%,カリウム30%程度と書いてありました
が、他の文献を読むと尿素やMg,アンモニア、リン酸などその他の成分も書かれていましたが、
この表記は塩分濃度測定用電極が出力する値の関連する成分としての意味でしょうか?
つまり、尿素やMgといった成分は導電率に影響しないということでしょうか?
お教えお願いいたします。


一般的に導電率は溶液中の電解質濃度に比例します。
尿中の電解質濃度は、食事の内容によって変動しますが、
プラスのイオンでいうと
ナトリウム 約70%
カリウム 約30%
その他 1%以下
の割合です。

したがってその他の成分の影響は1%以下になりますので、
減塩モニタでは無視をしています。
測定結果にはあまり問題になりません。

コメント



認証コード5671

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional