『減塩モニタ』は1日の塩分摂取量を簡単に測定できる機器です。 高血圧や腎機能に不安がある方、減塩食に関心をお持ちの方など塩分コントロールにお悩みのみなさまに減塩モニタをおすすめします。

2012-11-02:減塩モニタの原理①

2012-11-02:減塩モニタの原理①


食べた塩分は大便に排泄されることなく、ほとんどが腸から血液中に取り込まれます。一部は汗から、希には出血により体外に排出されますが、ほとんどが腎臓で濾されて、尿から排泄されます。

塩分摂取量を直接測定するのは困難なので、尿への塩分排泄量で測定することが医学的な方法です。正確に測るためには、24時間の尿全量を貯めて、塩分濃度と体積を測定して塩分量を計算する方法が取られますが、入院していない一般の人にとって24時間の蓄尿をすることはとてもできません。

そこで減塩モニタは夜間8時間分の尿から24時間分を統計計算することによって求めることにしたのです。これによって昼間外出する普通の人でも簡単に1日塩分摂取量を知ることができるようになりました。

コメント



認証コード1190

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional